院長紹介 | イズミヤスーパーセンター広陵店内の内科医院 - いけなか内科クリニック

TEL:0745-54-1113

奈良県北葛城郡広陵町大字安部 0745-54-1113
MENU

ホーム > 院長紹介

院長紹介

ごあいさつ

院長 池中 康英(ゆかわ えいいち)

こんにちは、2012年5月8日に北葛城郡広陵町で「いけなか内科クリニック」を開院させていただきました池中康英です。これまで奈良県立医科大学消化器・内分泌代謝内科学ならびに同糖尿病センターに勤務し、糖尿病、肝臓病、消化器病、脂質異常症、甲状腺疾患を中心として診療に従事してきました。香芝市で生まれ育ち、祖母のふるさとの広陵町で開業することができて感慨無量です。これからは、今までの専門性を生かしながら地域の「かかりつけ医」として、診療を行ってまいります。何かございましたら気軽に健康相談に来て頂けたらと存じます。

院長池中 康英(いけなか やすひで)

院長プロフィール

資格

  • 日本内科学会総合内科専門医
  • 日本肝臓学会専門医
  • 日本糖尿病学会専門医
  • 日本糖尿病協会療養指導医
  • 日本消化器病学会専門医
  • 日本内視鏡学会専門医
  • 日本医師会認定産業医

所属学会

  • 日本アレルギー学会
  • 日本肝臓学会
  • 日本甲状腺学会
  • 日本消化器病学会
  • 日本消化器内視鏡学会
  • 日本糖尿病学会
  • 日本内科学会

略歴

1992年3月
奈良県立医科大学卒業
1992年4月
奈良県立医科大学付属病院臨床研修医
1994年1月
大倭病院内科医員
1998年12月
老人保健施設ルポゼまきの内科医員
2003年1月
奈良県立医科大学付属病院内科医員 第3内科
2005年1月
奈良県立医科大学助手 第3内科
2007年2月
奈良県立医科大学 医学博士 取得
2007年4月
奈良県立医科大学助教 第3内科
(学校教育法の一部を改正する法律により助手から助教に名称変更)
2011年5月
奈良県立医科大学糖尿病センター兼任
2012年3月31日
奈良県立医科大学退職
2012年5月8日
いけなか内科クリニック開院

ページトップに戻る

業績一覧

論文名 著者名 雑誌名
Possible involvement of angiogenesis in chronic liver diseases: interaction among renin-angiotensin-aldosterone system, insulin resistance and oxidative stress. Kaji K
Yoshiji H
Ikenaka Y,
et al
『Curr Med Chem』
2012;19(12):1889-98
Cocktail therapy with a combination of interferon, ribavirin and angiotensin-II type 1 receptor blocker attenuates murine liver fibrosis development. Yoshiji H
Noguchi R
Ikenaka Y,
et al
『Int J Mol Med』
2011 Jul;28(1):81-8
Selective aldosterone blocker ameliorates the progression of non-alcoholic steatohepatitis in rats. Noguchi R
Yoshiji H
Ikenaka Y,
et al
『Int J Mol Med』
2010 Sep;26(3):407-13
Losartan, an angiotensin-II type 1 receptor blocker, attenuates the liver fibrosis development of non-alcoholic steatohepatitis in the rat. Yoshiji H
Noguchi R
Ikenaka Y,
et al
『BMC Res Notes』
2009 May 5;2:70
Tissue inhibitor of metalloproteinases-1 (TIMP-1) inhibits tumor growth and angiogenesis in the TIMP-1 transgenic mouse model Ikenaka Y
Yoshiji H
Kuriyama S,
et al
『Int J Cancer』
2003 Jun 20;105(3):340-6
Angiotensin-II type 1 receptor interaction is a major regulator for liver fibrosis development in rats. Yoshiji H
Yoshii J
Ikenaka Y,
et al
『Hepatology』
2001 Oct;34(4 Pt 1):745-50
内視鏡的に急性期および治癒期を観察し得た腸管出血性大腸炎O:H7による出血性腸炎の1例 池中康英
栗山茂樹
福井博
『奈良医学雑誌50』
50〜54
1999
誘因なく発症した上腸間膜動脈症候群の1例 池中康英
栗山茂樹
福井博
『奈良医学雑誌第49』
283〜287
1998

ページトップに戻る